太平洋に浮かぶ革命的な「人工都市」を計画 政府の法や税金に縛られないユートピア

太平洋に浮かぶ革命的な「人工都市」を計画 政府の法や税金に縛られないユートピア

1 名前: スターダストプレス(庭)@\(^o^)/ [US]:2017/01/22(日) 20:05:11.90 ID:3qsG09yp0

1太平洋に誰の干渉も受けない画期的かつ革命的な都市を建設するというプロジェクトが現実味を帯びてきた。米ABCニュースによるとシーステッディング研究所(Seasteading Institute)がフランス領のポリネシアと人工島建設のための了解覚書を締結したと16日に報道した。

まるで映画の世界のような夢の様な世界。似たようなプロジェクトでドバイがあるが、更に規模を大きくしたもの。このプロジェクトは2008年に開始され、シリコンバレーの億万長者が海の上に永久かつ革命的、そして政府の干渉も受けずに浮かぶ人工島を建設することだった。

法と税金から完全に独立した海上のユートピア建設プロジェクトは、メディアの大きな注目を集め、Paypal創業者であるピーター・シールが後援に乗り出したが、実現化の可能性についてはまだ疑問が絶えなかった。

このように世間の記憶から消えた人工島プロジェクトは、今回の覚書を締結し、本格的に進行した。特にシステディン研究所は人工島のイメージまで作成し追加で公開。

シーステッディング研究所のランドルフヘンケン理事は「人工島は、居住地、養殖漁業、医療施設、発言所など全てのものを備えた新たな環境自給自足都市」としながら「これまで私たちの夢を実現させてくれるパートナーを探していた」と明らかにした。また「2019年に建設を開始し、翌年250~300人の住人を、2050年には数百万人の人が生活できる都市になるだろう」と付け加えた。
http://gogotsu.com/archives/25743

続きを読む

<続きはこちら>

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]