じわじわくる・・・Twitterで見かけた、一理あるな…という話


常に手抜きを考える人

常に手抜きを考える人は、ひたすら言われたとおりにする人よりも、たぶん働き手としてよりすぐれている。

社会心理学を学ぶ中で一、二を争う衝撃

「努力すれば報われる」に代表される、世界は正しく動いているはずだという考え方を公正世界信念といい、この信念が強い人ほど、少数者や弱者への否定的な態度を持ちやすい。という話を知ったときは、社会心理学を学ぶ中で一、二を争う衝撃だった

その人の好きな音楽を否定するということは

その人の好きな音楽を否定するということは
その人の人格を否定することに等しいもの
人が好んで聴いている音楽は
絶対に馬鹿にしちゃいけないものなんだぞ

魔法キャラ

無理に大魔法使って吐血したり失神したり身体の痛みにもがいたり、副作用で苦しむの最高に好きなので積極的に魔法キャラの魔力使い果たしてほしい。

依存

単純な束縛とかで依存をさせるんじゃなくて、香水の匂いとか、好きだった音楽とかで依存させて別れた後も一生思い出させてやりたい

コスプレイヤー

コスプレイヤーは自分大好きなナルシストなんだって思われる事がとても多いけど、実際は自分に自信が無くてコンプレックスの塊なんだけどコスプレをしてる時っていうのは1mmでも自分を好きになれるシンデレラタイムなんだよ。撮影の数時間だけはめいいっぱいキラキラ出来る魔法の時間なんだよ。

絶望

バイト先の女の人が、彼氏に奢ってもらった金額分をずっと貯金してて、そのお金で一年目の記念日に50万以上する時計をプレゼントしたんだけど、彼氏が「俺はたった一年でこんなに貢いだのか」って絶望してそのまま別れた話最高に好き

最近あった悲しかったこと

最近あった悲しかったことは、「生ハムを温めたらどうなるのかな?!」とワクワクして加熱したら、普通のハムになったことでした。そりゃそうだ…
でもなぜか思い至らなかった…。「スモークサーモン焼いたら美味しそう」と思って焼いたら焼き鮭になってしまって痛烈に悔やんだ過去を活かせなかった…

妥協

「話せば分かる」をスタート地点にしない方がいい。“分かってもらえない事”が終着点になり悩みとなり悪となるからだ。「話しても分からない」を基本とし“その距離をどう埋めるか”で悩むべきだ。あきらめるのか妥協点をさがすのか、そうやってしっかり他人と話し合うべきだ。

Amazon Dash Button

人と話すと、Amazon Dash Buttonの認識がとてもマチマチでガッカリすることが多いので、エンジニアの視点とマーケッターの視点から、Amazon Dash Buttonがいかにヤバイかをそのうち書く。

メモ
・消費財メーカーの広告費をAmazonが吸う

最後には鬱になる

親からじゅうぶんに愛されていない人は、嫌われるのが怖い。どんな関係であれ、その関係を壊したくない。だから自分が犠牲になってその場をおさめる。

しばらくはこれでうまくいく。でもこれは恐ろしく危険。どんどん心の底に憎しみを溜めている。だんだん夜も眠れなくなる。最後には鬱になる。

自尊心が高い人間の中には

自尊心が高い人間の中には、"劣等感が強く鬱になりやすいので、それを防ぐため過剰に自己肯定するよう努めている"というタイプの人種がいて、そういった人が周りから「なにあいつ勘違いしてんの」みたいな言葉を向けられているのを見るとなんともいえない気持ちになってくる。

#ベンツネタを自分の文章で表現しよう

「タバコを吸っても?」
「どうぞ」
男は天を仰ぎ軽く息を吐くとすぐに猛烈な勢いで吸い込み始めた。初めに男のポケットからタバコが飛び出して男の口に入り、続けて向こうのベンツの中からタバコが飛んできて…やがて雲と見紛う大量のタバコが空から男の口に
#ベンツネタを自分の文章で表現しよう

<続きはこちら>

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]