Twitter発。『シュールな世界観』で人の心を震わせる呟き


◆『知らんけど』に関する考察 【2選】

『諸説あります』を関西弁で表しますと『知らんけど』になります

「知らんけど」を東京弁にすると「ここまで言ったけどあくまで人づてに聞いたとかちらっと見聞きしたに過ぎない話であって発言に責任持てと言われても困るしこの情報を人に言うにしても自分で利用するにしてもあくまで自己責任ってことでお願いしますね」ってくらいの膨大な意味になる。知らんけど。

◆『緊迫感』溢れる…

値引きシールを待つ人の群れに漂う緊迫感と、交錯するそれぞれの狙い。
そこに、「シール貼ってくれる?」と惣菜を持って店員に突撃した女性客の登場で、崩れる場の均衡。値引き品を巡るこの戦局、どう動くのか。
次回、半額英雄伝説「あの寿司にもシール貼って」
スーパーの歴史が、また1ページ。

◆『走れメロス』風に…呟く。 【4選】

「メロスは激怒した。必ず、かの 邪智暴虐 の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。」

メロスは二度寝した。必ず、かの眠気を除かなければならぬと決意した。メロスには現在位置がわからぬ。メロスは、クズの学生である。授業をサボり、羊と遊んで暮して来た。けれども単位に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明家を出発し、電車に乗り寝過ごし、どこかわからぬ山奥で降ろされた。

三重は激怒した。必ず、かの邪智暴虐の名古屋を除かなければならぬと決意した。三重には県境がわからぬ。三重は、紀伊半島の東にある。参詣客を饗し、車と遊んで暮して来た。けれども地域区分に対しては、人一倍に敏感であった。

松岡修造は激怒した。必ず、かの邪智暴虐のテニスの王子様を除かなければならぬと決意した。修造にはバトル漫画がわからぬ。修造は、日本の元プロテニスプレーヤーでありタレントである。ラケットを振り、勢いだけで暮らして来た。けれどもテニスじゃないテニス漫画に対しては、人一倍に敏感であった。

母は困惑した。必ず、かの「学研まんがでよくわかるシリーズ118」を読まねばならぬと決意した。母にはベアリングがわからぬ。母は、文系の主婦である。子育てネタを呟き、子と遊んで暮して来た。けれども5歳児が知っていて母が知らないという事態に対しては、人一倍に敏感であった。

◆昔話『桃太郎』風に…呟く。 【2選】

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に、わたしは家でインターネットをしていました。

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯をしに行きました。
おばあさんが川で洗濯をしていると、どんぶらこ、どんぶらこと、大きな桃が流れてきました。
「あら、これはインスタ映えしそうだわ。」

◆思わずニヤける『夢』の話

昨夜、イケメンの金持ち俺様御曹司(名前は綾鷹くん)と、庶民だけど頭と性格のいい京都出身のイケメン(名前は伊右衛門くん)の間で主人公の女の子が揺れ動くっていう少女漫画を読むっていう夢を見たんですが、タイトルが『選ばれたのは』だったので、目が覚めた瞬間に「ネタバレぇ!」と叫びました。

◆シュールすぎて怖くない『怪談』 【2選】

僕の通っていた大学には実験中の事故で死んだ学生の幽霊がいたそうだが、いつもユニクロのチェックシャツを着ていたので霊体もチェックシャツになってしまい、どれが幽霊なのか分からないのだ。ただ授業の出席を取ると、なぜか出席者の数と出席表に書かれた人数が合わなくてそれはただの代返だな

女子生徒「ねえ、知ってる?旧校舎の4階のトイレ…」
女子生徒「え…?」
女子生徒「深夜に訪れて、4番目の個室を4回ノックして…」
女子生徒「ヒッ…」
女子生徒「その後窓から飛び降りると死んじゃうんだって…」
女子生徒「ノックは何」

◆シュールすぎてニヤける『上司』との会話 【2選】

<続きはこちら>

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]