クリぼっちはいや?おひとりクリスマス快速通過のための科学的考察


独身男女の半数以上が、クリスマスを一緒に過ごすパートナーがいない、といった状況のようです。なんと半数以上!

そして世の中は、クリスマスを恋人だけのもののように扱い、公平ではありません。

さて、あなたは、今年のクリスマスどうお過ごしになりますか?

クリスマスは、大切な人と温かく迎えたいものです。でもそれが叶わないなら、じっと耐え忍んで過ごすしかないのでしょうか?

▼『そうだ クリスマス、消そう。』

クリスマスの日がこなければ全く問題ないじゃないか!(結論)
今回はクリスマスを合法的に『消去する』ための方法について考えてみました。

一.<旅行して日付変更線を越える方法>

旅行で海外に行くと、ほとんどの場合時差が発生しますよね。
クリスマス時期に合わせて旅行を計画すると、上手くいけばクリスマスを過ごさずに済みます!

まず太平洋上の日付変更線(の世界地図で向かって東側)へ行って、クリスマス到来直前まで過ごします

その後、クリスマス開始直前(12/24 23:59あたり)に日付変更線を越えることで、一気に12/26へワープするというもの

でも実際、そんなことはできるのでしょうか?

・南海の楽園、フィジーであの日を『クリ越し』!

フィジー共和国は南半球、南太平洋のほぼ中央に位置します。南緯12度~22度、東経174度~西経178度の間にある332の島から成り立っています。タベウニ島に国際日付変更線が通っています。

ヤシの木が生い茂る温かい海で、心安らかにクリスマスを迎えるのも乙ですね。

赤道に近いこの国にある辺境の島タウベニに、求めている日付変更線は、あります。

実際に行こうとしたら、
①日本から第三国(韓国等)でトランジットして、フィジー本島のナンディ国際空港へ向かう。
②そこから飛行機で1時間かけてタベウニ島のマテイ空港まで移動する。
 (300ドル~かかるので、お時間あればフェリーで移動するのもあり)
③空港から近くの街ワイエーボまでバスで移動し、タクシーor徒歩で日付変更線まで移動する。

日本からフィジーへ向かうためには第3国で乗り継いで行く方法があります。
ソウルで乗り継ぐ大韓航空、ポートモレスビーで乗り継ぐニューギニア航空、ヌメアで乗り継ぐエアーカランがあります。詳細は各航空会社へお問い合わせを。

-googleマップ 島の一番北がマテイ空港。空港からワイエーボまでは10kmちょい離れており、バスで移動

二.<南極or北極にある『時間の渦』を使う方法>

日付変更線よりも更に強力な概念で、日付の定義に挑戦することができる場所があります。それは南極と北極です。

北極点と南極点での時間について最近悩んでます・・
極点周辺では容易に地球一周的なことができることから、全ての時間を取り得ることができると思います。また、もともとそのような概念は存在していないのでしょうか?

南極はどこの国家にも属さない大陸ですが、実質的には各国の主張する領有権なり、観測所がおかれている地域の時間によって、大まかに区切られているようです。

といっても、はっきりと定義された時間がないのが実情のようで、いわば時間の概念が飛んだ『時間の渦』の中にあると言える場所になっています。

ペンギンとだったら、クリスマス、祝ってもいいかも?!

南極大陸に上陸するだけであれば、調査隊のサポーターなどのお仕事でいくことができるかもしれませんが、難易度は高そうです。
それでは、北極点はどうでしょう?

北極点(ほっきょくてん、英: North Pole)とは、自転する天体の最北端、北緯90°の地点のことである。自転軸と天体表面が交差する2点のうち1つである。
現在では観光船ツアーなどにより12,000人以上の人が訪れているともいわれる。

現在の地理上の北極点は海の上ですが、結構多くの人が行っているんですね。

北極はどうかというと・・・調べた限りでは「タイムゾーンという考え方そのものが存在しない」点ということです。

<続きはこちら>

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]