女子中学生の自転車かごに市議(72)が瀕死のハト入れる 「ハトのため何かしたらなあかん」

女子中学生の自転車かごに市議(72)が瀕死のハト入れる 「ハトのため何かしたらなあかん」

1 名前:豆次郎 ★:2018/03/10(土) 09:55:53.73 ID:CAP_USER9

1和歌山県紀の川市の男性市議(72)が2月、市立中学校の女子生徒の自転車の前かごに死にかけのハトを入れ、後に生徒の保護者らに謝罪したことが9日、市教委や学校への取材で分かった。市議は産経新聞の取材に事実関係を認め、「命の大切さを知ってもらいたかった」としたが、「ショックを受けたなら(生徒本人にも)謝りたい」と述べた。

市教委などによると、市議は2月22日、友人と下校中の生徒を呼び止め、「(ハトのために)何かしたらなあかん」と生徒が押していた自転車の前かごに、車にはねられたハトを入れた。生徒が驚いたため市議はハトをかごから回収。ハトは間もなく死んだ。

23日に生徒の保護者が学校に「子供が自転車のかごに鳥を入れられた。自転車に乗りたくないと言っている」と連絡。学校が他の生徒への聞き取りをし、市議が浮上した。

校長が市議に事情を聴くと、市議は行為を認め、24日に生徒の保護者に謝罪した。

学校によると、生徒は現在、普段通り登校できているが、精神的なショックが大きく、教員らが心のケアを続けているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000521-san-soci

続きを読む

<続きはこちら>

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]