【後ろから読んだら】山手線の駅ローマ字【面白かった】


この記事は私がまとめました

geqooさん

きっかけは、六本木

六本木をローマ字表記(roppongi)してさらに逆から読むと、イグノポール(ignoppor)になります。
ひっくり返しただけなのに、なんと異国情緒あふれる響きではないでしょうか!

この素晴らしき言葉遊びを山手線の駅がある地名にも適用してみました。

発音はこちらのサイトで実際に確認してます。

さぁ、行くよ!

上野

ちょっとおマヌケ。
言うことを聞かない愛犬に向かって、たしなめているような響き。
「オーニュ、スリッパをかじるのはやめなさい」みたいな。

日暮里

すごく説得力がある響き。
いや、これ、どこかの国の単語に存在しているでしょ。

「色っぽい美人」を表す略語としても、どっかの親父が造語してそうですね。

巣鴨

少し怒って呆れているような響き。

magusが魔法使い達って意味らしいので、ハリポタみたいな魔法使いもので「Oh, magus」なんてセリフが出てくるかも?

田端

インドカレー屋のメニューに載っていそうな響き。

「田端」ではなく「あ田端」だったら、ローマ字表記で回文達成できるということが分かりました。
惜しいね、田端。

大塚

検索したら実際に外国の製品が出てきました。
ヒットです。

小学生が使う算数ドリルの名前でありそうですね、アクストって。

目白

やんごとない、・・・というのは取って付けた感想ですけど、これまた外国の言葉にありそうな響き。

最後が「n」だったら某ペットフード(orijen)と一致するのですが、それだと元ネタは「根城」になっちゃいますね。
「目白」と「根城」じゃ大違いです。

高田馬場

ローマ字読みすると「アブアボンアダカット」と宮沢賢治の童話に出てきそうな可愛らしい響き。

なのに、英発音してもらったときの裏切られた感が半端ない。呪文みたいな響き。

目黒

動詞ですな、この響きは。
"The doctor will orugem my buttocks."
ほら、しっくりきますよね?

ところで検索したら「Orugem Records」というのがあったとですよ。こちらのレコード作ってる人に、目黒の存在を教えてあげたい・・・。

大崎

クールな響き。
聞きようによっては、外国の人が「行こうぜ」ってスピーキングジャパニーズを頑張ったようにも聞こえます。

国は分からないけど人名でikasoさんは存在するみたい。

田町

田町なのに、一気に高級な雰囲気になりやしたね。
田町なのに!田町なのに!

浜松町

授業で発音について触れられていそうな響き。

「"~custa~"の発音は舌を使って出すように」とか、先生が指導してくれそうです。

有楽町

日用雑貨店で取り扱っていそうな響き。
これで掃除すればきっと窓もピカピカです。

※リンク先は音が流れるので注意

<続きはこちら>

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]